総合サービス ニュース

    サーキュラーソウテーブル/NO.28070/プロクソン/ホビーツール/プロクソン製品 4952989280705:MEGA STAR - 551ad

    2019-03-06
    カテゴリトップ > DIY用品 > 先端工具 > ホビーツール > プロクソン製品
    サーキュラーソウテーブル/NO.28070/プロクソン/ホビーツール/プロクソン製品 4952989280705
    電動工具:ホビーツール:プロクソン製品

    商品コード:4952989280705
    JANコード:4952989280705
    ブランド名:プロクソン
    商品名:サーキュラーソウテーブル

    木材の直線切り、角度切りに最適。ブレードの角度、高さも調整可能。

    【用途】
    直線きり用卓上丸鋸。


    【機能・特徴】
    直線きり、角度切り用卓上丸鋸です。


    【仕様】
    ●電源:AC100V。
    ●消費電力:200W。
    ●回転数:3,500〜6,000min−1(回】分)。
    ●刃物高さ:0〜26mm。
    ●角度調整0〜45度。
    【セット内容付属品】
    ●付属品:直線切りガイド】角度切りガイド】丸鋸刃木工用ブレード(本体装着済み)】集塵アダプター。


    【商品サイズ】幅300×高さ170×奥行260mm 重量5800g

    →その他プロクソン製品製品も数多く取り揃えております←
    →プロクソン製品製品一覧はこちらからどうぞ←

    電動工具:ホビーツール:プロクソン製品
    プロクソン:サーキュラーソウテーブル
    • 商品コード:4952989280705
    • JANコード:4952989280705
    • ブランド名:プロクソン
    • 商品名:サーキュラーソウテーブル
    木材の直線切り、角度切りに最適。ブレードの角度、高さも調整可能。
    • 【用途】
      直線きり用卓上丸鋸。
    • 【機能・特徴】
      直線きり、角度切り用卓上丸鋸です。
    • 【仕様】
      ●電源:AC100V。
      ●消費電力:200W。
      ●回転数:3,500〜6,000min−1(回】分)。
      ●刃物高さ:0〜26mm。
      ●角度調整0〜45度。
      【セット内容付属品】
      ●付属品:直線切りガイド】角度切りガイド】丸鋸刃木工用ブレード(本体装着済み)】集塵アダプター。
    • 【商品サイズ】幅300×高さ170×奥行260mm 重量5800g




    サ-キュラ-ソウテ-ブル/NO.28070/プロクソン/ホビ-ツ-ル/プロクソン製品 4952989280705
    価格
    37,107円 (税込 40,075 円)
    ※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
    ※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
    ※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
    お届け先が離島の際は必ず選択をお願いします。送料を別途見積もりさせて頂きます。   
    他店舗と共有の在庫となっております為、在庫有り表記際も在庫切れの場合が稀にございます。その際はキャンセル処理を行わせていただきます。   
    2-4営業日前後で出荷予定(土日祝除く)
    個数 
    未選択項目があります
    選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
    未選択項目があります
    選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
    お気に入りに追加
    お気に入りに追加
    レビューを書く

一覧をみる

株式会社総合サービスについて

弊社は「防災対策」・「予防介護」・「自然環境」・「公共施設」における衛生設備・機器の企画・開発を基幹事業としております。

各分野において、お客様の様々なニーズを商品として創出し、社会にご提供することを通じて、多くのお客様に満足して頂き、社会に貢献することを最大の使命とし、これを通じて社員の豊かな生活と会社の永続的な発展を計る事を目指しております。

全員で力を合わせ、常に向上心と情熱を持ち、自己鍛錬し、時代の変化に敏感に対応できる前向きな姿勢で、事業に邁進していく所存でございます。

総合サービス カタログ

トイレに関連した総合サービスの商品は常設用も非常用も「あれば便利」「あって良かった」と思うものばかりです。あなたの知らない商品が必ずあります。
まずは一度、商品を知ることが一番。そんな商品をカタログにしました。一度、全てを見てもらえたら新たな商品との出会いが必ずあります。