総合サービス ニュース

    ディクセル ブレーキローター HS ムラーノ TZ51 11/06〜 リア用左右1セット 送料無料:オプショナル豊和 - 56aef

    2019-04-04

    ディクセル ブレーキローター HS ムラーノ TZ51 11/06〜 リア用左右1セット 送料無料■制動力と安定性を高次元で融合。
    ■スリット本数は鳴き、パッド摩耗、ガスの除去効果など様々な事案を考慮し6本を採用。
    ■より高いシェービング効果を重視して6本スリットタイプには逆回転を推奨。

    ※防錆処理・熱処理は一部車種によって異なります。
    ※HD・HS・FCRに熱処理は施されていますが、必ず当たり付けは行って下さい。
     ブレーキングによる急激なディスクの加熱・冷却はクラック、歪み、ジャダーの原因となります。


    ●価格は2枚一組のセット価格です。


    ◎こちらの商品の詳しい説明及び車種適合は ディクセルホームページをご覧下さい

    ☆適合車種を必ずご確認下さい☆
    ●メーカー名:ニッサン
    ●車種:ムラーノ
    ●型式:TZ51
    ●年式:11/06〜
    ●備考:
    ●リア用
    ●タイプ:HS

    ●メーカー品番:3252026

    ◆送料◆
    本州
    (中国地方を除く)
    中国/四国/九州/北海道その他
    離島地域
    沖縄
    無料無料1000円1500円

    代引き手数料 無料
    【smtb-F】

    発送までの
      目安
    ●商品手配後、(銀行振込は入金確認後)からメーカーに在庫がある場合は
    3〜5営業日で発送となります。
    まれに欠品・受注生産で納期に時間を要する場合がありますので
    お急ぎの方は誠に恐れ入りますが、納期をお問い合わせ下さい。
    発送詳細●発送は宅急便での発送となり、送料は「お支払い・送料」に
    記載の通りとなります。
    発送業者のご指定は出来ません事を予めご了承下さい。
    支払方法●支払い方法につきましては、ショッピングガイドを御参照下さい。
    注意事項●商品手配後(入金後)のキャンセル・商品変更・数量変更は出来ませんので、ご了承下さい。
    お急ぎの方は必ず在庫確認をして頂き、弊社より回答をさせて頂いた上でご注文下さい。
    在庫確認の質問を行わなかった場合の納期対応は可能な限り対応させて頂きますが、その時の在庫状況による事をご了承下さい。
    ●商品についてはお客様の責任でお選び下さい。
    画像について商品掲載画像はイメージ画像になります。
    お届けする商品は車両の仕様等によってを異なる場合がございますので
    予めご了承下さい。

    DIXCEL ディクセル ブレーキローター ブレーキディスクローター ディスクローター DIXCELブレーキローター DIXCELブレーキディスクローター DIXCELディスクローター ディクセルブレーキローター ディクセルブレーキディスクローター ディクセルディスクローター

    価格
    30,240円 (税込)
    ※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
    ※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
    ※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
    2〜3営業日以内に発送(欠品時除く)
    個数 
    未選択項目があります
    選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
    未選択項目があります
    選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
    お気に入りに追加
    お気に入りに追加
    レビューを書く

一覧をみる

株式会社総合サービスについて

弊社は「防災対策」・「予防介護」・「自然環境」・「公共施設」における衛生設備・機器の企画・開発を基幹事業としております。

各分野において、お客様の様々なニーズを商品として創出し、社会にご提供することを通じて、多くのお客様に満足して頂き、社会に貢献することを最大の使命とし、これを通じて社員の豊かな生活と会社の永続的な発展を計る事を目指しております。

全員で力を合わせ、常に向上心と情熱を持ち、自己鍛錬し、時代の変化に敏感に対応できる前向きな姿勢で、事業に邁進していく所存でございます。

総合サービス カタログ

トイレに関連した総合サービスの商品は常設用も非常用も「あれば便利」「あって良かった」と思うものばかりです。あなたの知らない商品が必ずあります。
まずは一度、商品を知ることが一番。そんな商品をカタログにしました。一度、全てを見てもらえたら新たな商品との出会いが必ずあります。