2019-04-10
カテゴリトップ > 水まわり・建築金物 > 水まわり商品アクセサリー > 水まわりアクセサリー > 化粧棚
スガツネ(LAMP) 小物棚 14-7029-02-305

スガツネ(LAMP)

06-6910-1122



スガツネ(LAMP) 小物棚 (14-7029-02-305)

●トータルデザイン、建築金物
ステンレスでも特に防錆に効果のあるSUS316を基調とした商品構成を持つデンマークのメーカーです。公共物に使われる金物を全てステンレスでトータルデザイン出来得る商品ラインは、世界各国の建築デザイナーに高い評価を受けています。
●ヨーロッパで長年愛され続けている理由
dline製品は、デンマークの王立建築デザインアカデミーのナッド・ ホルシャー教授による建築工学に裏付けられたトータルデザインが施されています。
彼は、過酷な使用条件に耐えうる信頼性と、あらゆる状況を想定した実用性をdline製品に折り込みました。
●デザインはもとより品質を誇りたい
外力がかかり、経年劣化が激しい表面部にステンレス鋼の最高峰SUS316を使用。
SUS316は高い耐食性を持ち、海辺や湿気の多い場所等厳しい条件下においてより高い優位性を持っています。
その上、修繕、維持の手間がかからず、長年にわたって仕上げの美しさを保つことができます。
●全製品の表面部には一般的に使われているステンレス鋼SUS304と比べ高品質のSUS316を使用しています。
●表面仕上げは熟練工により統一されたヘアーライン仕上となっています。
●裏付けされたデザイン
その洗練されたシンプルなデザイン、ソフトエッジによる優しいフォルムはヨーロッパで多くの建築家及びデザイナーから一流の公共及び商業建築物件に指定されるなど、高く評価されています。
また、ドアハンドルからサニタリーに至る幅広い製品と豊富なデザインバリエーションを揃えています。
●全製品、取付ねじが目立たないように工夫されています。
●人間工学に基づいた、手にフィットする形状です。
●操作性を考慮した、つかみやすい大きなサムターン。
●レバーハンドルの先端形状は、火災時に消防ホースの巻きつきなどがしにくいように考えられています。
(14-1816-02-016、14-2316-02-010)
●レバーハンドルの軸受部にボールベアリングを内蔵しています。
●外圧のかかりやすい箇所の内部に補強材を圧入しています。
●連結ねじにはスリットを施して緩みにくくしています。
●ハンドル固定ねじには特殊ねじを使い防犯性を高めています。

スガツネ(LAMP) 小物棚 (14-7029-02-305)の特徴

仕上:ヘアライン仕上
特長:
●ステンレス鋼の最高峰SUS316を使用。高品質で高い信頼性があります。
※ブラックは別注扱いとなります。

スガツネ(LAMP) 小物棚 (14-7029-02-305)の仕様

重量 930g
付属品 十字穴付木ねじ4.5×70、アンカープラグ
工具:六角棒スパナ
材質 ステンレス鋼(SUS316)



商品名: 小物棚
カテゴリー: 水まわり・建築金物 > 水まわり商品アクセサリー > 水まわりアクセサリー > 化粧棚
レビューを投稿する

 
価格
32,137円 (税込 34,707 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
約5日程度で発送(土日祝除く)
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

株式会社総合サービスについて

弊社は「防災対策」・「予防介護」・「自然環境」・「公共施設」における衛生設備・機器の企画・開発を基幹事業としております。

各分野において、お客様の様々なニーズを商品として創出し、社会にご提供することを通じて、多くのお客様に満足して頂き、社会に貢献することを最大の使命とし、これを通じて社員の豊かな生活と会社の永続的な発展を計る事を目指しております。

全員で力を合わせ、常に向上心と情熱を持ち、自己鍛錬し、時代の変化に敏感に対応できる前向きな姿勢で、事業に邁進していく所存でございます。

総合サービス カタログ

トイレに関連した総合サービスの商品は常設用も非常用も「あれば便利」「あって良かった」と思うものばかりです。あなたの知らない商品が必ずあります。
まずは一度、商品を知ることが一番。そんな商品をカタログにしました。一度、全てを見てもらえたら新たな商品との出会いが必ずあります。