総合サービス ニュース

    ACME Furniture BROOKS BED QUEEN【3個口】 ブルックス ベッドフレーム【ポイント10倍】:ACME Furniture - 661e3

    2019-04-09
    カテゴリトップ > ベッド
    ACME Furniture BROOKS BED QUEEN【3個口】 ブルックス ベッドフレーム【ポイント10倍】ACMEオリジナル、BROOKSシリーズのベッド。
    1960年代のヴィンテージのベッドを元に制作。バランス、シルエットの美しさはそのままに、布団をずれにくくするためフットフレームを高くするなど、実用性をアップデート。
    サイズ展開も豊富で幅広いニーズに対応可能。

    手入れ方法
    通常は軟らかい布での乾拭き。汚れてしまった場合は中性洗剤を200倍以上に薄めて、布を固く絞って拭き取る。その後よく水拭きしてから、乾拭きする。化学雑巾やワックス、揮発油等の溶剤系のものは使用しないこと。

    サイズ:幅163×奥205×高さ94cm
    材質:ウォールナット材
    重量:約58kg
    原産国:中国

    【商品について】
    アクメファニチャーの家具はヴィンテージ感を強く出しているため、木目の出方、アイアンやレザーの加工、ファブリックの柄の出方などが一点一点異なります。木材の割れ目や傷、アイアンの錆などは、ヴィンテージ感を出すための加工であり不良品ではございません。商品のデザインとしてご理解の上お買い求め頂きますようお願い申し上げます。

    【ご注意】
    ソファ、ベッド、イス、テーブル、ベンチの脚先が鉄製の商品は、そのままご使用になりますと床を痛める原因となります。
    ご使用前には必ず、脚先と設置面をご確認ください。
    アジャスターボルト(ネジ)が付属しているものは、正しく取り付けられているかご確認下さい。
    またパーツが破損してしまった際はacme@genepa.comまでご連絡下さい。
    床の傷やヘコミの防止には、脚先に専用のフェルトやゴムをご使用ください。
    また、ダイニング用のラグマットを敷くのもオススメです。
    当店では、床に傷やヘコミがついた際の修理保証は致しかねますので予めご了承くださいませ。

    【ACME Furnitureについて】
    ACME Furnitureはjournal standard Furniture(ジャーナルスタンダードファニチャー)を展開するベイクルーズグループのブランドです。


    BROOKS BED QUEEN
    ブルックス ベッドフレーム
    ACMEオリジナル、BROOKSシリーズのベッド。
    1960年代のヴィンテージのベッドを元に制作。バランス、シルエットの美しさはそのままに、布団をずれにくくするためフットフレームを高くするなど、実用性をアップデート。
    サイズ展開も豊富で幅広いニーズに対応可能。

    手入れ方法
    通常は軟らかい布での乾拭き。汚れてしまった場合は中性洗剤を200倍以上に薄めて、布を固く絞って拭き取る。その後よく水拭きしてから、乾拭きする。化学雑巾やワックス、揮発油等の溶剤系のものは使用しないこと。
    サイズ:幅163×奥205×高さ94cm






    【ポイント10倍】 アクメファニチャー 【公式ストア】 ベッド
    価格
    93,000円 (税込 100,440 円) 送料別
    送料20,000円
    通常1〜3日以内に発送予定(土日祝除く)
    個数 
    未選択項目があります
    選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
    未選択項目があります
    選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
    お気に入りに追加
    お気に入りに追加
    レビューを書く
    この商品の配送方法
    • 宅配便

一覧をみる

株式会社総合サービスについて

弊社は「防災対策」・「予防介護」・「自然環境」・「公共施設」における衛生設備・機器の企画・開発を基幹事業としております。

各分野において、お客様の様々なニーズを商品として創出し、社会にご提供することを通じて、多くのお客様に満足して頂き、社会に貢献することを最大の使命とし、これを通じて社員の豊かな生活と会社の永続的な発展を計る事を目指しております。

全員で力を合わせ、常に向上心と情熱を持ち、自己鍛錬し、時代の変化に敏感に対応できる前向きな姿勢で、事業に邁進していく所存でございます。

総合サービス カタログ

トイレに関連した総合サービスの商品は常設用も非常用も「あれば便利」「あって良かった」と思うものばかりです。あなたの知らない商品が必ずあります。
まずは一度、商品を知ることが一番。そんな商品をカタログにしました。一度、全てを見てもらえたら新たな商品との出会いが必ずあります。