総合サービス ニュース

    AELLA アエラ アルミ可変ハンドルバー ハンドルカラー:ブラック 付属スペーサーカラー:ブルー (特色) 付属スペーサーサイズ:2mm (標準) R1200GS LC(13-):ウェビック  - 3e13e

    2019-04-02
    カテゴリトップ > その他
    AELLA アエラ アルミ可変ハンドルバー ハンドルカラー:ブラック 付属スペーサーカラー:ブルー (特色) 付属スペーサーサイズ:2mm (標準) R1200GS LC(13-)■商品番号
    AE-27037-02mm-BK/BL-AC-AL

    ■商品概要
    【素材】材質】アルミ
    【仕様】
    ・完全専用設計
    ・3ハンドルポジション(絞り角)可変
    ・スイッチボックス位置決め穴開け加工済み
    ・ケーブル及びホース交換不要
    ・スペーサー付属
    【ポジション】
    ・絞り角22° 幅:786mm】高:7mm】下手前:2mm
    ・絞り角20° 幅:794mm】高:9mm】下奥:4mm
    ・絞り角18° 幅:800mm】高:11mm】下奥:9mm
    (純正ハンドル:幅835mm)


    付属スペーサーカラー:ブルー (特色) 付属スペーサーサイズ:2mm (標準) ハンドルカラー:ブラック

    ■適合車種
    ▼BMW
    R1200GS LC(13-)

    ■詳細説明
    ライダーの理想ポジションを実現するアルミ可変ハンドル。
    AELLAの長年蓄積された経験から設計されたアルミ可変ハンドルは、あるパーツでは大胆な肉抜きにより軽量化と過度の硬質感の緩和をはかりつつ、一方では剛性感と振動軽減の為にアルミウムを塊のまま使用するなどアルミニウムという素材を熟知し、削り出しの利点を十分に活かし作られています。
    ライディング中は常に視界に入る部分だけにカスタム感の非常に大きいアイテムですが、オートバイパーツに求められるのものは見た目だけではありません。
    AELLAが最もこだわるのは快適なライディングポジションづくりです。
    無理のない疲れにくいポジションが集中力の持続や走りの質を向上させることにつながり、結果的に防げたはずのアクシデントを防ぐことにつながると知っているからです。
    純正ハンドルと比較して、最大で幅がで49mm狭く、高さは11mm低く設定できます。
    またお好みによりスペーサーを交換することで高さの調節も可能です。

    ■注意点
    ※画像には他のカラーリングが含まれます。
    ※アドベンチャーは幅広スクリーンのため、ハンドルを切った際スクリーンとミラーが干渉します。取りつけの際はミラーを少し手前に角度調整するなどが必要ですが、ハンドルのポジションなどによってはそれでも干渉を避けることができません。(画像をご確認ください。)

    【送料無料】ハンドル R1200GS LC(13-) AELLA アエラ AE-27037-02mm-BK/BL-AC-AL
    当店通常価格84,024円 (税込)
    価格
    84,024円 (税込)
    ※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
    ※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
    ※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
    メーカー在庫確認後、発送日は別途ご連絡
    個数 
    未選択項目があります
    選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
    未選択項目があります
    選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
    お気に入りに追加
    お気に入りに追加
    レビューを書く

一覧をみる

株式会社総合サービスについて

弊社は「防災対策」・「予防介護」・「自然環境」・「公共施設」における衛生設備・機器の企画・開発を基幹事業としております。

各分野において、お客様の様々なニーズを商品として創出し、社会にご提供することを通じて、多くのお客様に満足して頂き、社会に貢献することを最大の使命とし、これを通じて社員の豊かな生活と会社の永続的な発展を計る事を目指しております。

全員で力を合わせ、常に向上心と情熱を持ち、自己鍛錬し、時代の変化に敏感に対応できる前向きな姿勢で、事業に邁進していく所存でございます。

総合サービス カタログ

トイレに関連した総合サービスの商品は常設用も非常用も「あれば便利」「あって良かった」と思うものばかりです。あなたの知らない商品が必ずあります。
まずは一度、商品を知ることが一番。そんな商品をカタログにしました。一度、全てを見てもらえたら新たな商品との出会いが必ずあります。