総合サービス ニュース

    CRIMSON(クリムソン) CLUB LINEA L566 KING LABEL (クラブリネア L566 キングレーベル) 22インチ 10.0J PCD:150 穴数:5 inset:31 DISK TYPE:LOW カラー:ブラックサイドマシニング [ホイール1本単位]/H:PowerWeb - 1b579

    2019-02-05
    カテゴリトップ > アルミホイール > 輸入車 > 22インチ
    CRIMSON(クリムソン)
    CLUB LINEA L566 KING LABEL
    (クラブリネア L566 キングレーベル)
    22インチ 10.0J PCD:150 穴数:5 inset:31
    DISK TYPE:LOW
    カラー:ブラックサイドマシニング
    [ホイール1本単位]/H




    ■商品詳細
    メーカー名:CRIMSON (クリムソン)
    商品名:CLUB LINEA L566 KING LABEL (クラブリネア L566 キングレーベル)
    カラー:ブラックサイドマシニング (BK/MC)
    サイズ:22インチ 10.0J PCD:150 穴数:5 inset:31
    DISK TYPE:LOW
    ハブ径:110.5φ
    ■適応について
    適合情報に関しまして:適合に関しましては、メーカー推奨サイズ(カスタムサイズ)となる場合が御座います。
    お問い合わせは、ご注文前にお願いいたします。
    お問い合わせの際は、車種/型式/年式/エンジン型式/駆動方式/標準タイヤサイズ/グレード等をご記載下さいませ。

    注意事項:ホイールのみ単品1本の商品となります。
    タイヤはセット内容にふくまれませんのでご注意下さいませ。
    タイヤを別でご購入等の場合、組み付け料等が別途ご必要となりますので、予めご了承下さいませ。
    4本(1台分)ご注文にて送料無料となります。

    ■ご注意
    ■送料について
    ・4本(1台分)ご購入の場合は 送料無料にてご対応をさせていただきます。※ご注文後に送料修正となります。
    ・1台分お求めでない場合、1本あたり1,500円の送料が発生いたします。

    ■画像について
    ・画像はイメージです。インチ数、ナットホール数(4穴、5穴等)は商品名通りです。
    ・また 商品画像は共通画像となっております。商品により、デザイン・形状・色合い等が異なる場合が御座います。予めご了承ください。
    タイヤ・ナット等は含まれません。

    【返品/キャンセルについて】
    ・お客様の思い違いによるミスマッチの返品には応じられませんので、適合をよくご確認の上お求め願います。
    【納期について】
    商品はメーカーさんよりお取り寄せとなります。
    メーカー欠品時を除き 発送までに約4日(土・日・祝日・メーカー休業日除く)ほどお時間を要します。
    [ホイール1本単位]
    22インチ 10.0J PCD:150 穴数:5 inset:31
    ブラックサイドマシニング
    価格
    129,100円 (税込)
    ※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
    ※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
    ※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
    納期は商品詳細にてご確認ください。
    個数 
    未選択項目があります
    選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
    未選択項目があります
    選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
    お気に入りに追加
    お気に入りに追加
    レビューを書く

一覧をみる

株式会社総合サービスについて

弊社は「防災対策」・「予防介護」・「自然環境」・「公共施設」における衛生設備・機器の企画・開発を基幹事業としております。

各分野において、お客様の様々なニーズを商品として創出し、社会にご提供することを通じて、多くのお客様に満足して頂き、社会に貢献することを最大の使命とし、これを通じて社員の豊かな生活と会社の永続的な発展を計る事を目指しております。

全員で力を合わせ、常に向上心と情熱を持ち、自己鍛錬し、時代の変化に敏感に対応できる前向きな姿勢で、事業に邁進していく所存でございます。

総合サービス カタログ

トイレに関連した総合サービスの商品は常設用も非常用も「あれば便利」「あって良かった」と思うものばかりです。あなたの知らない商品が必ずあります。
まずは一度、商品を知ることが一番。そんな商品をカタログにしました。一度、全てを見てもらえたら新たな商品との出会いが必ずあります。